ツール第1ステージ、グライペルが18位

7月6日、第1ステージを迎えたツール・ド・フランス。
コースはロンド・ファン・フラーンデレンなどでお馴染みのコースを回るブリュッセル〜ブリュッセルの194.5km。

アルケア・サムシックはアンドレ・グライペル(ドイツ)の18位が最高位。
集団内で落車が多発し波乱の1日となったが、8名全員無事に初日を終えている。

スタートを待つワレン・バルギル。ゼッケンには選手の名前と母国の国旗がプリントされる。どないかして手に入れられないものか…

アンドレ・グライペルのバイクにはアウターワイヤーが見当たらない…。愛称の「ゴリラ」イラストはフレームのみならずシューズにも。

ミュール・ド・グラモンを駆け上がる集団。写真内のBH、KUOTA、RIDLEYとみんなブラック/レッドカラーのフレーム。流行りなのかな?

この写真を見る限りは、まだまだリムブレーキ仕様のバイクを選ぶ選手たちが多いようですね

ゴール後にチームメイトと何やら話し込むグライペル。ちびっ子が着ているチームシャツ可愛いなー。欲しい!!

第106回ツール・ド・フランスの公式情報はこちらから↓
https://www.letour.fr/en/j-sports-landing-page

Text:Makoto Nakata
Photo:Team Arkea Samsic

関連記事

  1. グライペルがニューモデルをツールへ投入

  2. ツール・ド・フランス、第1ステージ出走前

  3. ツール・ド・フランス開幕まであと1日

  4. ツール第2ステージ、BHの新型タイムトライアルバイクが登場

  5. アルケア・サムシックのスタートメンバー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。